« 2兎追う者は、1兎も得ず。 | トップページ | 製作中につき・・・。 »

最後に・・・。

とても悲しい曲を作り、←(たいと思っている)

とても悲しい小説を書いている←(つもり)

runtarou。

とことん悲しくするために、

悲しい曲を聴いたり、

悲しいことを思い浮かべたりして、

「悲しい」

を、身体に入れ込む。

すると、とんでもないことを想像しだす。

過去いろんなことを想像して、涙ぐんでいたが、

今日は、コレ。

「もし、自分の利き腕を切り落とさなければならなくなったら」

怖いでしょ?

何で?って思うでしょ?

分かりません。突然浮かぶのです・・・。

例えば癌で、切り落とせば治る見込みがあるとした場合、

切る?それとも切らずに人生全うする?

まだ生きていたいから、切る。とする。

けれど、切ってしまう前にやっておかなければいけないことがある。

だって、そうでしょ?

私の場合、10月の少林寺拳法の全国大会が終わるまでは、

絶対切り落とさない。

最後に、出たいじゃん。

そして、2度とピアノが弾けなくなるだろうし、

助からないこともあるだろうから、

生きた証として、今作ってある曲、

レコーディングするだろうなぁ。

作りかけの小説も

すごいスピードで書き上げるんだろうなぁ。

そして、とても優しいお母さんになって。

(けど、部屋の掃除はしないだろう)

やがてお別れする利き腕に、

毎晩語りかけてるんだろうなぁ・・・。

なんて考えながら、

昨日の夕飯のポテトサラダを、食パンにのせ、

からしマヨネーズをかけ、とろけるチーズをのせて

オーブントースターに入れていた。

チーン

と鳴って、焼きたてのパンを見たときには、

すっかり変な想像も消えうせ、

入れたての(ドリップ)コーヒーの香りに包まれながら、

目じりを下げていた。

幸せな時間を(わずか10分程度)堪能し、

カフェイレを聞こうとPC前に・・・。

準備OK!!

おっとその前に、ブログ更新。

今日のruntarouの

風変わりな昼下がりでした。

|

« 2兎追う者は、1兎も得ず。 | トップページ | 製作中につき・・・。 »

コメント

悲しいこと・・・性格的に、悲しいことやつらいことはけっこう忘れるタチらしく( ̄∇ ̄;)・・・
想像するとなると・・・あまりにつらいことは想像を絶するし、難しいですね。

利き腕がなくなる。。。のはいやだ。(いちおう両利きですが)
これからやろうと満々なギターがダメになるのはいやだし。
でも、子供ができてからは、今は絶対に死ねない!と強く思います。

想像の中だけだと、あれこれ考えて、いやだ。ってなるけど、もし現実になったとしたら(これも想像だけどw)、死にたくないから切って、さあこれからどうやっていこうか、と考えちゃうかも。

投稿: ぐるりぐら | 2006年6月 6日 (火) 14時53分

悲しい曲を聴いたり、悲しい事を思い出したりして、一生懸命悲しさを身体に取り込んだのに、焼きたてのパンと淹れたてのコーヒーで瞬時に吹き飛んじゃうのね(笑)

生か利き腕か、選べないよ~。
100%助かるっていうなら利き腕に別れを告げるけど、そうじゃないなら・・・
残された時間、好き放題に過ごすかな?

今でも充分、好き放題か?(笑)

投稿: のぐのぐ | 2006年6月 6日 (火) 17時14分

**ぐるりぐらさんへ**
オイラも普段はノー天気です。
過去は振り返らないタイプだし。
けどね、無性に泣ける映画見たくなったり、
今回のように、
とんでもないこと本気で考えてみたりして、まじめに泣くんですよ。
きっとコレが
私のストレス発散法なのかも?


**のぐりんへ**
焼きたてパンとコーヒー見るまでは、
真剣に泣いてたんですよ!!
はらはら涙こぼしてたの。
今?
すっかりそのときの気持ちが分からん…。
きっと、この感情の浮き沈みを感じて、
リフレッシュしてんだよ。←まるで他人事。
こういうことしている時って、
感情移入しやすくなってんだよね。
小説書きなさいって、
身体が訴えてるんだよきっと(?)←やっぱり他人事

投稿: 返信コメ | 2006年6月 6日 (火) 23時25分

すすすすごい想像。いたそ~。私、昔リンチか何かのフイルムで、両腕を紐で結わえて、それぞれ別方向から車で引張って、片腕がちぎれるってのを見たことがあります(実写)
しばらく眠れなかった・・・あ~、思い出しても怖い・・・

投稿: miyu-sakura | 2006年6月 7日 (水) 15時07分

**miyuさん**
またみゆさんのはかなり痛そうでんなぁ。
痛そうなものは負けませんで~
実際に目の前で、猫が、トラックに??れたりとか、夢では男の人が、列車のように長いタンクローリーに??れたりとか。
それはそれは怖くて、心臓がバクバクしてましたわ。
いや…。
本文は痛いお話ではなかったんですけど…。

投稿: 返信コメ | 2006年6月 7日 (水) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26992/2098473

この記事へのトラックバック一覧です: 最後に・・・。:

« 2兎追う者は、1兎も得ず。 | トップページ | 製作中につき・・・。 »