« 小3のギター独学は難しい?(めざせハルッチ。ドリーがゆく (④)) | トップページ | コマーシャル »

『アゲハ蝶』小説部企画作品

小説部企画第一弾

ポルノグラフィティさんの楽曲からイメージする小説を作っちゃえ~。

のあさんの「渦巻く野望」に刺激され、

やっちゃいました。

「大人の愛」

ですか?

「ピー―――ッ」も「ザザザザァッ」もモザイクも?

入ってませんので、気をつけてご覧下さい。

とはいっても、モザイクがいるような描写はありません。

あしからず。

               *

               *

               *

               *

『アゲハ蝶』

             (本編一話完結)

 「いらっしゃいませ」 
 俺たちは眠らないこの街で、女どもに幸せを売る商売をしている。
 
俺はどんな女にも幸せを与えることのできる男。どんな女の欲求も埋めてやることができる。接した女は全て俺の虜になり、その見返りで俺は、なんの不自由もない生活を送っている。身につけるものは溢れるほど手に入り、食べることにも事欠かない。住まいだっていくつも持っている。もちろんタダでだ。そして夜の俺の欲求を満たしてくれるのも、もちろんここに来る女どもだ。俺は相手がどんな女であっても、決して手を抜かない。別に、これといった特別なテクがあるわけではない。 
「イカせて・・・」
 
言葉がなくてもその気持ちが手に取るようにわかるから、寸分狂わぬよう「イカせて」やる。ただそれだけだ。そうした後、女は誰も皆、満足げにベッドに横たわる。俺は「イカせてやった」という優越感で心が満たされる。俺にかかれば、どんな女も幸福になり、俺は満たされる。
『他に何がいる?』
 
3日前まではそうだった。あの日、店の前の階段で遠くを見るような目をして煙草をふかしていた、あの女に出会うまでは・・・。
 声をかけると、
「満たして」
 ひとこと言って、煙草をもみ消した。この女は何に満たされていないのか。俺はいつものように探りをかけたが、この女は今までの女とは違っていた。厚い氷に包まれている。それを感じれば感じるほど、俺はどうしてもこの女に「満たされ」たくなった。
 午前26時。俺はそれ専用の部屋へこの女を誘った。女を抱くための部屋。提供してくれている女もそんなことは承知の上だ。
 
最上階のここは、カーテンを開けると空しかない。裸になった俺たちは、ベッドの上で見つめ合った。満天の星空。月明かりが俺の気持ちを高ぶらせる。女の瞳の中に映る自分を見つめた後、俺たちは激しく絡み合った。
 女のあえぐ声と、軋むベッドが奏でる不協和音の中、女の左胸に踊るアゲハ蝶のタトゥを見て俺は、幻想の世界へと引き込まれていくのを感じた。
 
長い時間蝶と戯れた後、俺は女の胸の中で満足げに眠りについた。
 翌朝気が付くと、すでに女はベッドから出て服を着始めていた。俺はボーっとその様子を、ベッドの中から眺めていた。
 
ここへ来たときと同じ姿に戻ると女は、一万円札を数枚ベッドの上に捨てるようにばら撒き、
 「じゃぁ」
 とひとこと言って、部屋から去っていった。
 
あれ以来、あの女の姿を一度も見ていない。なんだったのだろう。俺の中にぽっかり開いた穴と、行き場をなくしたこの想いが、今までとは違う何かを求め始めた。
 「満たして」
 あの女の声が耳の中にこだまする。

 そして今日も、この眠らない街で寂しい女どもに幸せを売る。そのたびに乾いてゆく心は、蝶のように去っていったあの女を求めていた。

                     (おしまい)

**************************

目次へ戻る

http://runtarou1968.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_d3ec.html

|

« 小3のギター独学は難しい?(めざせハルッチ。ドリーがゆく (④)) | トップページ | コマーシャル »

コメント

こんにちは!
フラリと現れてスイマセン;;犀ですv
小説すごいですね!!
大人な感じ・・
子供の私にはそんなのかけません。
すごく尊敬です☆
これからも頑張ってください!
応援してます(´ω`)

投稿: | 2006年3月29日 (水) 11時56分

**犀ちゃん**
早速来てくれてありがとう!!
とっても嬉しいです。
初めて書いた『大人の愛』でした。

そっ尊敬だなんて・・・。
こっぱずかしいです。
楽しんでいきましょう。

投稿: 犀ちゃんへ | 2006年3月29日 (水) 12時32分

のぐのぐさんのところから飛んできました。
目がテンになりながら読ませていただきました。
すごいです。
ひとりの男の心を変えた女
アゲハ蝶の世界を感じながら小説を書いていく。
面白いですね。
これからもたまによらせてもらいます。

投稿: 魯鈍 | 2006年3月29日 (水) 19時32分

**魯鈍さんへ**
「ろどん」って読むんですね。
コメントありがとうございました。
まじですっごく嬉かっだです。
コメント見てドキドキしたのって、
初めてかなぁ?
是非、たまに来た下さい。
わたしも遊びに行きます。

投稿: 魯鈍さんへ | 2006年3月30日 (木) 13時51分

何で?アゲハ蝶。とっても大人な蝶!お子ちゃまのアタクシにはキャな感じ。
何で?ってのは、この発想!何でこうゆう形になるかなぁ~?どう想像したらこうなれるかな?
アタクシの頭、固すぎる?続編は?乾いた心を持つ男の今後は?リクエストしたいな~

投稿: 羽音 | 2006年3月31日 (金) 23時09分

**ねえさんへ**
なんでって、それはね、私が宇宙人だからですよ。
遠い星から飛んできたの。
言葉を、普通とは違うふうに解釈できちゃったりするわけ。
思い込み激しいの。
トラブルが起きることもあるくらいだから、
ネエさん・・・気をつけてね。
ただ、O型の八方美人だから、好かれようと思って変な行動に出るのよ~。
??何の話だったっけ??

投稿: ねえさんへ | 2006年3月31日 (金) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26992/1191807

この記事へのトラックバック一覧です: 『アゲハ蝶』小説部企画作品:

« 小3のギター独学は難しい?(めざせハルッチ。ドリーがゆく (④)) | トップページ | コマーシャル »