« 忙しくて・・・ | トップページ | ご要望にお答えして・・・?? »

こぎつねこんこん 闇の中・・・

先日、道場(少林寺拳法)の帰り。

練習を終え空腹ピークのわが子3人と

指導を終え、ほっと一息つきたいruntarouが、

いつものようにイライラしながら狭い軽自動車で揺られていた。

ドライバーはもちろんruntarou。

助手席は取り合いになるので荷物でつぶし、兄妹三人は後方座席につめて乗る。

晩ごはんのことで、好き嫌いの多い真ん中(通称ドリー)がすねて、車内のイライラはエスカレート。

さらに追い討ちをかけるように、一番上(通称ぞう君)が、以前食べ損なったおすしの話を持ち出した。

ポォォォォォッ!!

runtarouは火の粉を飛ばしながら蒸気を吐いた。

こういう時はバックミュウジックは流さない。

それまで溜まっていた蒸気を、ぞう君は集中的に浴びることになった。

そうなると、runtarouの蒸気は止まることを知らない。

誰か水を・・・

その時である。闇の中、何かが動いた。

赤から青に信号が変わり、さほどスピードが出ていなかった事もあって、その何かを捉えることができた。

「ねぇ、あれって、きつね?」

犬でないことは確かだった。

太くてフサフサしたしっぽ。狐色の毛。

どう見てもきつねだった。

「きつねだよねぇ」

「だよねえ」

「犬じゃないよねぇ」

「犬なわけないじゃん」

「きつねだよねぇ」

こんなやり取りが少しの間続いた。

確認するにも、かなり走っていしまっていた。

「ねぇ、なんだか心があったかいんだけど・・・」

runtarouは言ってみた。

「ドリーも・・・」

共感したのはドリーだけだった。

が、runtarouの激しい蒸気は止み、

「きつねだったよねぇ」

の連呼で、無事家に辿り着いた。

いくら田舎とはいえ、山も林もない地に狐が生息。

野生だろうか?ペットだろうか?

以前ダチョウを飼っていたお宅もあるくらいだから、ペットの可能性もある?

あの愛らしい顔で、runtarouとその親子を救ってくれたこぎつね。

もしかして親子できつねにつままれた?

ずべてはなぞのまま・・・。

|

« 忙しくて・・・ | トップページ | ご要望にお答えして・・・?? »

コメント

私が高校生の頃(かなり前)友達と一緒に帰っていた時のこと、何かが道路を駆け抜けて行きました。一瞬の出来事でしたが、友達と声を合わせて「きつね!!!」叫びました。私の所も田舎ですが、さすがにきつねには驚きました。その後、別の友達にその話をしても「犬じゃない?」とか言われました。でも確実に犬じゃないんですよね!そうなんです。一瞬でも犬じゃないことははっきりとわかりました。今でもたまに、その友達と、あれきつねだったよね。なんて話すことがあります。

投稿: gaju | 2006年2月11日 (土) 02時05分

凄い!!狐は見たことナイっす!!でも、家の前の道を普通に狸君が歩いてるのは見たことありますよ。山を切り開いて作った団地に住んでるので、まぁ納得かな。田舎だしね。子供相手にしてると、蒸気噴出す事なんてアタクシもよくある・・。あっ。そうそう。ウチのお坊ちゃまですが、幼稚園ではいつもポルノの歌を歌いながら架空のギター弾いてるらしいです。先生から「お母さん、ポルノ好きでしょ?」なんて言われちゃった!

投稿: 羽音 | 2006年2月11日 (土) 14時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26992/671380

この記事へのトラックバック一覧です: こぎつねこんこん 闇の中・・・:

« 忙しくて・・・ | トップページ | ご要望にお答えして・・・?? »